FC2ブログ

優しい春・・・きてね。

保護犬
03 /02 2017
るるかの大好きなじいちゃんが、
正月に、しかも元旦。
除夜の鐘をB・G・Mに
救急車で搬送されてから、
はや、二か月が過ぎました。

意識は、
うっすらですが、
あります。
問いかけには、頭を少し振ります。
話は、ほとんどできません。
口から食事はできず、毎日点滴。

じいちゃんは、
元気な時、
もし、自分の身になにかあっても
延命治療は拒否してくれと
私に伝えていました。

今回、
手術による栄養の摂取方法も
病院側から相談もされましたが、
それが、延命治療になるかは別として、
ほとんど私の考えで、

しない

と決めました。

そうすると、早急に、意識が少しでもあるうちに
安定しているといわれている今、
うちに帰ってこられるようにという思いが
強くなってきました。

介護ベッドは以前より、病院のベッドに近いものに
入れ替えました。
幸せなことに、
24時間対応の訪問看護師さん、
(この方は、元旦夜中にも駆けつけてくださいました。)
今回は、
24時間対応の訪問医師にも依頼でき、
ケアマネージャさんとの話し合い、
いろんな方々の協力を得て、
来週の初めには退院の段取りが終了しました。
家族の、(とはいえ、所詮私と母のみ)
承諾を得ました。

じいちゃんは、るるかには愛情を注いで、
「よかむすめじゃー」と、
頭を撫で、

来たばかりのいちまつには、まるで同級生のように
「お互いきばらんとな、きばらんならよ(がんばるよ)」
と、言いながら励ますように
よろよろ歩く姿を見て、
IMG_2909.jpg

自分もゆっくりゆっくり歩いていました。
夜中、
いちが旅だったことを伝えた時も、
起き上がり、
お疲れさまって。一言。。。


本当に楽しい思い出もいっぱい。

不安です。
こんな今、辛い。

だけど、うちに帰ってくれば
じいちゃん、気持ち
変化がみられるかもしれない。。。

そう、信じて、
一日、いえ半日と言われても
私のエゴだと言われても。

一緒に居たいと、思って。

ちょうど、私自身、一年契約のアルバイトを終え、
生活は不安定だけれども、
娘も卒業、この機会に。

どうか、私の家にも
あたたかな春が穏やかな春が
訪れてくれますように。



るるかも、じいちゃんに
会いたい。
IMG_3125.jpg

デイケアから帰ってくるじいちゃんを
楽しみに待っていたるるか。
じいちゃん、早く帰ってくるといいね。

みんなで、もう一度暮らせたらいいね。


ころ太もいちも一緒に。
IMG_3551.jpg

見守ってて。


またね。いちまつ。

保護犬
10 /29 2016
まだ、夜も明けないのに。
肌寒い朝に、
すーと、行ってしまった。

ウウウンと優しい声で。
ホンホンと水を要求して、
私が水汲みに立った数分間のうちに。

君が残した
まだまだ暖かいぬくもりにしがみついて、
かあかは、泣いてしまった。

でも
うんうんとうなづいたよ。

いちは、
かあかがひつこく抱っこしていたから、
かっこよく行きたかったから
鳴いて見せたんだね。


またね。また会おうね。いち。
きみはよくがんばったよ。

大好きないち。
いちまつくん。

ありがとう、いちの17年間。
おやすみ。

あした、お空で「ころ太」って子を探すんだよ。

ころ太。ありがとう。

保護犬
03 /08 2016
3月8日。
ハチ公の命日でもあるんだね。

そして、
ころ太が生まれた日。

昨日は逆に、
素敵なプレゼントをありがとう。
本当にありがとう。
とっても、とってもうれしかった。
涙が出るほどうれしかった。

こんなことってある?
あるんだね。
あったんだね。

「うれしいおしらせですよ!!」
わざわざ、先生が電話をくださった。
「るるかちゃん、血液検査の結果、フィラリア症、
なんと、陰性でしたよ」って。
・・・・・・・・・・。(T-T)
こんなうれしいことって、ある?
去年までは結果を聞くたびに
ため息・・・。

でも、
大丈夫、大丈夫って、祈ってた。
祈ってた。

私には、私にとっては、何よりうれしい。

まずはまずは、
ころ太に感謝だよ。

るるか。
よかったね。
うれしいときはうれしいーーーー!と叫ぼう!

これからもぼちぼち

無理なく、
ぼちぼち、いこうね。


かあか、
本当に・・・うれしい。

ありがとう。

本当にありがとう。

感謝。

ころちゃん6歳
6歳の誕生日おめでとう。ころ太。
かあかも、るるかも、イチマツも、
ころ太のこと大好き。

いつか皆で、
遊ぼうね。
待っててね。
本当にありがとうね。

ハチによろしく。
おりこうさんにね。

るるかのお気に入り。

保護犬
01 /27 2016
るるか、そこは、
ころ太も大好きだったんだよ。
るるかも?

IMG_2956.jpg


IMG_2957.jpg

いいよ。いいんだよ。



ねっ、ころ太。



IMG_0004.jpg


イチ、ぼちぼちやろーね。

保護犬
01 /27 2016
人の手を借りなければ
今のイチは
起き上がれません。
眠るときもバタッと突然
倒れ込んで眠るため、
柔らかいものを敷き詰めました。

一度倒れ込んだら、気づいてあげないと
そのまんまの姿勢。
一度は、後ろ足の間から頭がでていて、
前足は万歳のまんま、どれくらいそういう状況だったのかと
ぞっとしたことがありました。
それでも、不思議なことに今までケガもなく。
ご飯ももりもり食べてくれます。

どんなもんかとしばらく様子を見ていると、
まるで柔道の受け身のように
上手に転んでいるのです。
最後のフィニッシュが決まらず、ヘンな体勢になってしまうと、
吠えなくなった、イチが悲しそうに啼くんです。
まるで、「たすけてー」って声で。

「いちー大丈夫ー!!今すぐ助けるからねー」
そんなときでも下手に手を出すと、かみついてきます。
「あんたのレスキュー隊員でしょーが!」っと言いながら、
お腹に手を回し、ひょいと持ち上げて、
無事、任務完了!!
感謝のきもちも、目も、しぐさも無し。。。
でも、無事で何よりだよイチ!

毎朝、お目々が開いてるのを確認したら
まず立たせてあげます。
お腹がぬれています。
きっと、夢の中でお散歩にでかけるんでしょう。
シート以外のところはびじょびじょ。
寝る前にはかせておいたおむつは
器用に頭の方に脱ぎ、、、、
足でもがいたのか、
敷き詰めておいたシートはぐちゃぐちゃ。。
ぬれタオルでお腹を拭くと
うむうむうーむっ
と、気持ちよさそうな声を出します。

気づいたらいつでも手助けが肝心なイチ。

でも、
立たせてあげれば歩けるし、
ぴよんとスキップみたいなこともできるんです。
ただ、自分で立ち上がれないだけなんですから。
今は。

私の手を待ってくれていると勝手に思い
なるべく目の届くところに居るようにして、
私がどうしても不在の時、
母は手を噛まれることを怖れて加勢は出きないのですが、
ずっとゲージの側で見守ってくれてはいるようです。
るるかと。
そして、帰ってきた私を呼びます。
「イチが災難!レスキューレスキュー!」と。

わたしは最近、噛まれないコツをおぼえました。
左目が少し見えにくいんですが、
それ故に、左側から手を出してもイチ自身、なんら怖くないようで、
歯をむき出しにはしてこないことを発見。
歯をむき出しにしてくるのは
うっすらと見える右側からなんやわけのわからんものが
自分に近づいてくる怖さなんだと察します。

こんな、忙しさは好き。
でも、今日も、
ぼちぼちやろうね。
イチ。


IMG_2815.jpg


ぼちぼちやろう、
頼りになるナースるるかと。

IMG_2335.jpg
i痛いところ、かゆいところはございませんかー?


じいちゃん、ばあちゃん、ねえちゃん、
と。

楽しくやろ!!

ころ太のかあか

2010-2013
ころ太、虹の橋へ。

ころ太のかあか。
ころ太ロスに伴い、気力低下。
その他諸々、反省させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。