ラッシーとの再会!?

保護犬
09 /21 2014
先日、るるかを連れて
実家の物置と化している
二階に(昔は私のむさ苦しい部屋でした)
(勇気を出して)昇ってみた。
久しぶりのこと。

古ーい本棚の、
手前に、
重ねて寝かされてある。
その中に、確か
あった!!

思わず懐かしくて、
愛おしくて、
頬ずりしてしまった。
少しほこりっぽかったけど。。。。んぷっ
IMG_1115.jpg

ふさふさした犬を見かけると、
「ラッシー」と呼んでいた幼い頃の私。

裏表紙には、昭和50年初版とあるのみ。
だから、きっと、そのころなのでしょう。
この本を手にしたのは。

今、何かと話題の、スコットランドが背景で。
友達同士の会話では、
「どこの国が好きー?」なんてきかれると、
「スコットランドー」!
と、すかさず答えていた頃の。。。。

感動した記憶は、消えない。
たぶん、この頃は
わんことの生活もまだ、なかったはず。
でも、間違いなく言えるのは、
たぶん、この本を
買ってくれた、母が、
犬好きだったに違いないから。。。

その頃から、きっと
私の犬好きの細胞が
繁殖していったのでしょう。
IMG_1116.jpg
  さし絵も素敵!


やはり、
幼いころに、
本から受けるものって、、大きいかも。

もしかして、翻訳は朝ドラでおなじみの
村岡花子さん?
と、思いきや、
時代が多少、若かった。
白木茂先生。。
ふむふむ。
へー
「トムソーヤの冒険」、「宇宙戦争」
「小公子」「キューリー夫人」。。。
すごいなー。
「王子と乞食」なら村岡花子先生が有名だけど、
白木先生のものもあるみたい。
「こじき王子」って題ではあるけど。。。
へー。
へー。
いろんな方の訳された
子ども向けの本なら
読み比べてみよっかなー。
とか。


秋の夜長にね。。

ころ太。。。。

そんなこと、思ってる。
ふと童心に帰ってしまった
かあかだよ。


IMG_1117.jpg
                    走れころ太、ラッシー!


  旺文社ジュニア図書館
 「名犬ラッシー」昭和50年4月20日初版発行
  訳 白木  茂 
  定価  650円
  ←もち、当時のお値段。      

ラッシーみたいな毛並みのところも
大好きだったひとつかな。

もちろん、るるかも大好きサー。

IMG_0964.jpg
          学校のプリントの裏のるるかちゃん。
                    (さし絵  かあか。)

・・・・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

・・・・・・・。



ありがとうございます

コメント

非公開コメント

No title

名犬ラッシー〜?
聞いた事あるのですが…
あまり記憶に残ってません。
私はハッピーが家族になるまでは
小さい頃にワンコに追いかけられてから
ずっと苦手でした〜
その私がWANZと生活〜
母も周りの方はビックリしてますv-356

イラスト〜
凄く上手でメッチャ似てます。
絵心があって癒されましたv-345

kanaさんへ

ありがとうございます。
ちっと、今回、時代が古かったかなーとv-393
私事で、感動のあまり、
かきなぐってしまいましたが。
私世代の人は、
ラッシーと言えば、
コリー。
頭の良い犬ってイメージでした。
実写版も(海外ドラマ)放送されていた
記憶もばっちりあります。
(いつの時代じゃと、思わないでね)

るるかを娘の学校からのプリント裏に落書き(練習)
してたら、怒られちまいましたとさ。

ハッピーちゃんに
めぐりあえて本当に良かったv-398



No title

私もラッシーが大好きでした。

実はうちのパパさんも相当なラッシー好きで
今でも録画したものは大事に残してあるんですよ。
ラッシー世代ですよね。

テレビ版でしか観た事が無いのですけど
当時はコリー犬の存在も知りませんでしたし
大きい犬にはみんな、ラッシーと呼んでいたように思います。
親に「ラッシーが欲しい!」と駄々を捏ねた事もあります(笑)

お母様が買って下さった本が見つかり良かったですね。
この1冊が無ければ、ころ太くんとの出逢いも無かったかもしれません。

当時のお値段で650円はお高い方だとも思います。
かあかさんにこの本をプレゼントして下さったお母様に感謝だわ。

あのね・・・りんごのお兄ちゃん犬、少しだけラッシーに似てるの。
だからりんごもほんのちょっぴりラッシーです。

走れ~ころ太く~ん!
走れ~りんご~!

りんごママさんへ。

ラッシー!世代?パパさんも?
ひゃーほー、録画があるなんて
そりゃもうすごい!
涙もんです。
コリー犬は、毛並みの良いものは
昔から生活を支えるほどの良いお値段で
売買されるという悲しい背景の
物語ではあるのですが、
少年とラッシーのもう、
絆というか、愛というか
子供心に
感動した記憶がよみがえってきます。
わんこは賢いし、人間に対する感情もある。
そのイメージが
しっかりと、植え付けられたのが
ラッシーでした。
昔の海外ドラマは良かった。

私もことあるごとに子供心に
生活いっぱいいっぱいの
家庭だってわかっているはずなのに
「ラッシー欲しい」を連発し、
小学校の高学年時、父がもらってきたわんこは
柴犬でした。
でも、本当にうれしかった。

りんごちゃんもありがとねーーー!
ころ太と走ってくれてー。v-411

No title

同じものではないけれど私も「名犬ラッシー」を読みました。
ドラマも楽しみにみていたものです。
元々生き物はなんでも好きな子供だったんだけど
わんこ好きになったのは「名犬ラッシー」を読んでからです。
コリー3頭と暮らしている家があって
そのわんこ達にと触れ合うのは楽しかったなぁ。

え、ラッシーと暮らしたいかあかさんにお父様が柴犬を
連れて来てくださったんですか。
実は、うちは柴の血の入ったミックスの子犬が
父の親戚からやって来ました。
そして独立して迎えた最初のわんこがシェルティだったんですよ(*^^*)

小さい頃、コリー犬見ると
ラッシーって呼んで
シェパード見ると
カールって呼んでて

そんな思い出って
一生忘れないよね

葵さんへ。

ありがとうございます。
世代が違うんでしょうけど、
ドラマが見られたなんて。
うれしいです。
きっと、再放送だったのでしょうね。

コリー3頭と暮らしているお家なんて
すごすぎですね。
当時スピッツが日本じゃメインだった時代にですよ。
本物のコリーとふれあえた葵さんが
うらやましいですぅ。

はい、どう見ても柴犬でしたv-398
だけど「ラッシー」と、わざと呼んだりしてました。
実名は「ちび」でしたが。

あっ、葵さんのあの
コリー犬のようなシェルティーちゃんね。
凜々しいよねーホントに。v-398

コウちゃん さんへ。

ありがとうございます。
よっ!我々世代!

カール
カールっ
呼んでました呼んでました。
「走れー風のようにー♫」
忘れられなーい。

ころ太のかあか

2010-2013
ころ太、虹の橋へ。

ころ太のかあか。
ころ太ロスに伴い、気力低下。
その他諸々、反省させていただきます。