夏のおーわーりー。

保護犬
09 /02 2014
夏も終わりだねー
近所の公園で
るるかとふたり。
赤くなりつつある
遠い雲を眺めておりますと、

去年のこの季節が、鮮明によみがえってきます。
なんとなく淋しくて。
悲しくて。
静かなこの夏の終わりかけの夕暮。
去年の今日は、
、ころ太といた。。
ころ太との生活 163 ごめんね。ころちゃん。



めがねをはずし、真上の空を仰いでおりますと、

「おばちゃん、この子触ってもいいですか?」
と、とんとんと私の背中をつつく、かわいい手。
小学生?。

「いいですよ、触られるの嫌いなわんちゃんも
いるからね。えらいね。」
私は、赤くなった目がちょっと恥ずかしかったので
顔を背けながら、そう答えます。

「ぼくんちも、ミニチュアダックスフンドのなっちゃんが居るの・・・
おばちゃん、目が見えないの?」

「・・・・え?」

るるかの背中をそーっとなでながら、
「なんて名前ですか?この子」
その子は、そうたずねます。

涙でうろたえていた、私の側で
じっとすわっていた、るるかさん。

「るるかっていうの、、、だけど、
るるちゃん、  盲導犬じゃないよ。」

「え!盲導犬かと思いました」
って。


今、大きくニュースで言われてることを、
こんな小さい子も、心を痛め、
受け止めている。ちゃんと。

ただ、るるかのことをラブラドールレトリバーと勘違いし、
ましてやここで私がうるうるしてたから。

るるかのことを、盲導犬に似ていると、
とても気にしてくれた男の子。

「ばいばい、るるちゃん!」
るるかの頭をなでて、
お迎えに来たお母さんと帰って行った。

「なっちゃんに、よろしくねー!
(優しい大人になるんだよー!)」



おばちゃんは、心の中で叫んだよ。

るるちゃん、こんなかあかと一緒に居てくれてありがとね。

そして、ころ太、ありがとねー・

IMG_0907.jpg
   あたしは、この子のことが、すき。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

ありがとうございます。

コメント

非公開コメント

No title

秋はただでさえ物悲しく感じる季節なのに
ころ太君のことを想うとなおさら切なくなるでしょうね。
暑い時はまだよかった。
涼しくなると
生きていたらお散歩してたかな
ここで風に当たって気持ち良さそうにしてたね
と、色々と思い出して寂しさが増しそうです。

るるかちゃん盲導犬と間違えられたんですか。
見た目だけじゃなくて大人しくしていられたことや
かあかさんに寄り添う姿がそう感じさせたのかもしれませんね。
ころ太君がそっとるるかちゃんに耳打ちしたのかな。
かあかを支えてね、って。


葵さんへ

ありがとうございます。
この季節、
切ないです-。

ふとした瞬間に、
ここに居たころ太を
思い出します。

今が、悲しくなるのです。

ころ太が時々
るるかの近くに居るのではないかと
思うことも多々あります。
不思議なこと。

最近は、るるかのちょっとした仕草が
なんだかころ太に似てきました。

飼い主次第で
似てしまうところも
あるのかなー。



ころ太のかあか

2010-2013
ころ太、虹の橋へ。

ころ太のかあか。
ころ太ロスに伴い、気力低下。
その他諸々、反省させていただきます。