かあかの夢のお話ですから。

保護犬
03 /24 2014
夢、見ました。
ころ太の(出演する)夢を。
ころ太との生活 042
   気づくのおそっ

土曜日の朝、私、二度寝
しちゃったんです。
国民的朝ドラ「ごちそうさん」みて、
(戦死したと知らされる次男が、
自分の影膳を
おいしそうにみんなを見ながら
階段に腰掛けて食べているシーンを見て、、、。)
号泣してしまい。

そのまま、また、布団にもぐりこんで。。。

そうしたら、

いつしか、車で
行ったことのない町にきてしまったんです。
ここから夢です。

私は、ほそーい、川沿いの道を
車が通れるはずでもない道を
ものすごい勢いで
どんどん進んでいき、
何かに、ぶつかって、乗り上げ、
車はストップ。

そのときです。

そのとき、私は、再会を喜ぶこともなく
ころ太に、
リードをつけ(いつものように、つけてと首をかしげるしぐさもあり)

「ちょっと、ここはどこなのか、見てくるね」
と、たぶん、後ろに乗っていたであろう娘らに言って、
ころ太と、ころ太と歩いてたのです。

少し歩くと、
きれーいな舗装された広い道が、
空に向かってのびているのです。

そうすると、向こうから
一台のバスが、走ってきました。
誰も乗っていないこともわかりました。
バスが通り過ぎると、
辺り一面
きれーいな、海になりまして。
マリンブルーの浜辺に白いヨットが
二艘とまっています。

「ころ太ー、きれいだねー。
かあか、携帯忘れたから、車にもどろうね。
写真とりたいよ。」
瞬間、ブログにのせなきゃという発想で。

振り返ると(夢の中の私)
ころ太は、今度は
自転車のかごに、ちょこんと載っていました。
(のせたことがあったのは実際4,5ヶ月の頃だけ。)
自転車をひいて歩くと、
あたりから、「わんわん!!」と
仲間の?呼ぶ声が。。。

そこで、目が覚めたんです。

目が覚めた瞬間、
「あー、また、寝てしまった。」

「あれ、待って、今、何。夢???」

今、ころ太、いた、確かにいた。
忘れてしまわないうちに。と
まずは、ノートに書き留めた夢のはなしが。

この↑通りです。
確かに、ころ太は、普通に家族の一員として
普通に夢に出ていた。

今までの忘れてしまった日々の夢。
三ヶ月の間、私の忘れた夢の中には、
いつものように
ころ太の存在はあったかも。。。
普通すぎて、
気がつかなかっただけかもしれません。
しばらく、ぼーっとした後。

ここに居ることを
おしえてくれたのかもしれないころ太に、

「ありがとね。」と。
バラの香りのお線香とおやつをどうぞ。。。


FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
230.jpg
   かあかは、まったく!足でしょこれ。お行儀わるっ。

かあかの夢の話におつきあいありがとうでしゅ。

コメント

非公開コメント

No title

夢でころ太君と会えたなんていいなぁ。
目が覚めても記憶に残るような夢に出てきてほしいですよね。
起きたときに「あれ、夢に出てきてくれてたような・・・」
とういことはあるけどハッキリと思い出せる夢はなかなか、ね・・・。

Re: No title

葵さん ありがとうございます。

初めてです、こんなにはっきりと
夢の記憶で残ってたころ太。

話の筋なんて全くありえないことなのですが
普通に今、ころ太がいたって、
記憶を消さない手段をとりました。

こんなんでも、うれしくて。

夢なんてほんとに、うっすらとしか
残らない今日この頃なんです。
ただただ、あまりにも
私が普通すぎました。(;_;)


ころ太のかあか

2010-2013
ころ太、虹の橋へ。

ころ太のかあか。
ころ太ロスに伴い、気力低下。
その他諸々、反省させていただきます。