ペットロス。救ってくれたのは保護犬るるかと・・・。
ころちゃん、そこで待っててね。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭、かくして。
2014-02-02-Sun  CATEGORY: 保護犬
尻隠さずなんですけどー。

悪いこと、しているのか
してしまったのか。
頭隠せば、もう安全なんですよね。
ころ太にとっちゃ。
179.jpg

いつもこんな感じで
逃げてましたが。


327.jpg

ころ太さー。
ずっと、ずーっと気分悪かったの?

健康診断、
血液検査、
足りなかったんだね。
そして、かあかの知識も。

かあかがもっと早くわかって
対応していたら、
もっともっと、
もっと、生きたかったよね。

4年前
まだ、わんちゃんを迎える
決心もつかないまま。

あまり、人と接することが得意ではない
ねえねの強い要望をうけつつ、
ただ、なんとなーく、
わんちゃんを
探し求めていたあの時。

たまたま
のぞいてしまった。
あのケースの片隅が
ふと、気になってしまった。

くるーっと小さく身を丸め、
ただ
眠ってばかりで、他の仔とも
ボールで遊ぼうともしていない。
あの仔。うごかない。

ただ、もう、ここに並んでしまったのだから
(並ばされてしまったのだから)。
どうか優しい家族と出会って。
そう祈りつつ。その時は、その場を去り。

それから、10日くらいたって
やはり、気になり、
慌ててそこへ行くと、
あれっ、もういない。
でも、ガラスに貼ってあるカードは一緒。
あの仔の情報のまま。写真も。あの仔。

勇気を出して聞いてみた。
「あの隅にいた仔は?」
「いないのですか?もう。」

答えは、

「体が弱く、お腹の調子も悪いので。。。」

「もういないのですか?」

「いますよ。」

「会いたいんですが。あの仔に。」
すると
ショーケースの裏の
お店の表からは見えない
ダンボールの、切り刻んだ新聞紙の中から
小さく丸まったまんま、
抱かれてきた。
怯えて、ブルブル震えて、

「どうなんですか?」

「もう少し病院でみてもらって
同じ犬種の仔もいますが
この仔はもう少し病院に、、、。」

「この仔をお願いします。
この仔がいいです。」

「体調がいまいちなので、病院でみてもらって、、、。」
「じゃあ、そちらの病院で診てもらって。一週間後に迎えにきます。」

そうして一週間後、

「体調はいいですよー。」

ひと安心して。
そのあと、いろんな誓約書に

サインしました。

すぐ、あの時、連れて帰れればよかった。
一週間と10日前に。

考えてみれば、
いつも、かあかの判断は、どうかしてる。
一歩が踏み出せずにいる。

「下痢はないです。が、
調子悪い時は、代替、、、。」

聞きたくない、。でも、聞くべきこと
ずらずら。頭は早く連れて帰りたい。

私は、この仔じゃなきゃとおもったのですから。
いろんな覚悟が必要でした。


連れて帰ったその日から
咳き込み、立ち上がろうとすれば
ヨロヨロ。ごろん。
そして、ぜーぜー。

あれからほんとに病院に行ったのか。
疑問は残りましたが、
またすぐ自分の知っている動物病院へ。

診断は、「ケンネルコフ」

大丈夫だよ、大丈夫だよ。
怖くないよ。大丈夫。
三日三晩
みんなで寄り添い。

元気に走ってくるころちゃんは
もう、すっかり、何事もなかったように。
家族でした。
みんなの
なくしかけていた笑顔を
取り戻してくれた。


ころちゃんが入っていたケースも
お店も、もうそこにはなくなったけど。

あの時、もっともっと追求すれば
なにか、わかっていたのかもしれない。

でも、ころちゃんとの出会いは
ほんとに、本当に良かったと思ってる。

人間のいろんな事情でここに来てしまっていた、
小さなころ太。
ごめんね。

かあかを
許してね。

かあかも頭、隠さなきゃ。
094.jpg
   かあかー ごはん

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-02-02-Sun 09:41 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
コメントころ太のかあか | URL | 2014-02-02-Sun 10:53 [編集]
> おはようございますv-398

やっぱり似てますね。似てます。
きっと。v-406

ころ太はうちにきて良かったのか
ずーっと考えては悩み。

でも、ころ太との楽しい日々は
忘れられない。
だから悲しいんですよね。

私も
どかーんと 空いてしまった心を
どうして良いのかわからず、ここで
泣き、共感し、
わたしこそ
皆さんの優しさに救われ
こうして、語れるのも
ころ太のおかげかと
感謝しています。いつも。

いろんな後悔あります。

時間が経っても消えない。

でも、出会えたことに
ここに来てくれたことに
ありがとう、感謝も輪をかけて
消えません。

少しずつ、少しづつ、
体調も改善される自信も
出つつあります。
がんばります。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 ころちゃん、そこで待っててね。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。