ペットロス。救ってくれたのは保護犬るるかと・・・。
ころちゃん、そこで待っててね。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老いるということ。
2015-11-13-Fri  CATEGORY: 保護犬
わんこも、

人間も、老いる。

みな、老いる。

子供の頃、お年寄りが怖い時期があった。
老いるのが、こわかった。

父方の祖母は、厳しい人だった。
祖母は、こども13人、育て上げた人だった。
その中の父は8番目。

長男さんは戦争で亡くなり、
その後は、ときの流れとともに・・・・。
現在、父のすぐ上のお姉さん(90歳)がご存命なことしか、
私は知らない。
孫は何人居るのか、私のいとこは何人居るのかパッとは
わからない。

小さいころ、毎週週末になると父の実家によく集まっていた。
何となく、たくさん、祖母を囲んで、
たくさんの大人と、
いとこ達で、
「その気なんの木気になる木ー♫」
のコマーシャルが流れる時間まで。
存分に遊んだ、楽しかった記憶がある。

祖母が亡くなった日のことを
私ははっきりと記憶している。

私だけが、その祖母と二人、
大相撲初場所を見ていた。

様子がいつもと違う。
こたつに入りながら。
感じていた。

いとこたちは、私の兄弟も含めて、
なぜかその部屋には居ず、
(他の場所で遊んでいたのかもしれない。
父たちはまだ、仕事から帰ってきていなかったのか・・)

相撲好きの祖母なはずなのに
相撲を見ていない。
寝ているわけでもない。
そんな祖母が、ただ怖くて。。
「ばあちゃんが、変だよ」
私は台所で食事の準備をしていた母、おばたちに
伝えた。
皆が私の言葉に疑うことなく祖母のところへ
飛んでいった。

その日のよる遅くだった。
眠るように・・・・。早かった。
その日は、私の8歳の誕生日。
その祖母の80歳の誕生日でもあり、
そのお祝いの予定で
父たちも帰ってきて、
祖母のうちはいっぱいだった。

あんなにあの日、既に集まっていたことを、
しばらく経ってから
思い出した。

はっきり見ていた。
祖母が逝くところを。
はじめての記憶は、鮮明に。

さっきまで、一緒に相撲を見ていた祖母が
遠くに行ってしまった。

それから、
お年寄りと二人でいることに恐怖を
感じ。避けてしまっていたのかもしれない。

自分の親が老いてからも、
一緒に暮らすことを怖い、と感じることもある。。
何かあったら。。。と。


image3.jpg

イチは、よぼよぼしながら
ご飯を待つ。

目も耳も聞こえないが
かわいい。

両足でヨロヨロしながらも立ち上がろうと
何度も何度も踏ん張って、
立ち上がろうとして。転ぶ。
そして、また立ち上がる。
その姿は、愛おしい。

人間と犬の老いは違うかもしれない。
とにかく愛おしいのだ。



父は、一生懸命、笑顔を作り、
孫の帰りを待ち、
一緒にご飯を食べようと、
待っている姿に感謝すら覚える。

ささやかなことでも、楽しいと、
貧素な食事でもおいしいと、笑ってくれる。

老いても、そういう環境の中に居られたら
ちっとも、自分自身怖いことではなく、
周りの人間も後悔しないようjな気もする。

できることに手を差し伸べる。

自分が老いた時に、少しでも
そんな中に居られたら、怖くないかな。



そしてわたしはこの子達と
いずれは一緒に眠りたい。
image1.jpg

それが夢。
image2.jpg



イチおじいちゃんにも、
安心して暮らしていて欲しいなと、願いつつ。
自分自身も
老いることを楽しめたらいいけどなぁ。


なんて、とりとめもないことを思う日でした。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
<< 2015/11 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2017 ころちゃん、そこで待っててね。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。