ペットロス。救ってくれたのは保護犬るるかと・・・。
ころちゃん、そこで待っててね。
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッシーとの再会!?
2014-09-21-Sun  CATEGORY: 保護犬
先日、るるかを連れて
実家の物置と化している
二階に(昔は私のむさ苦しい部屋でした)
(勇気を出して)昇ってみた。
久しぶりのこと。

古ーい本棚の、
手前に、
重ねて寝かされてある。
その中に、確か
あった!!

思わず懐かしくて、
愛おしくて、
頬ずりしてしまった。
少しほこりっぽかったけど。。。。んぷっ
IMG_1115.jpg

ふさふさした犬を見かけると、
「ラッシー」と呼んでいた幼い頃の私。

裏表紙には、昭和50年初版とあるのみ。
だから、きっと、そのころなのでしょう。
この本を手にしたのは。

今、何かと話題の、スコットランドが背景で。
友達同士の会話では、
「どこの国が好きー?」なんてきかれると、
「スコットランドー」!
と、すかさず答えていた頃の。。。。

感動した記憶は、消えない。
たぶん、この頃は
わんことの生活もまだ、なかったはず。
でも、間違いなく言えるのは、
たぶん、この本を
買ってくれた、母が、
犬好きだったに違いないから。。。

その頃から、きっと
私の犬好きの細胞が
繁殖していったのでしょう。
IMG_1116.jpg
  さし絵も素敵!


やはり、
幼いころに、
本から受けるものって、、大きいかも。

もしかして、翻訳は朝ドラでおなじみの
村岡花子さん?
と、思いきや、
時代が多少、若かった。
白木茂先生。。
ふむふむ。
へー
「トムソーヤの冒険」、「宇宙戦争」
「小公子」「キューリー夫人」。。。
すごいなー。
「王子と乞食」なら村岡花子先生が有名だけど、
白木先生のものもあるみたい。
「こじき王子」って題ではあるけど。。。
へー。
へー。
いろんな方の訳された
子ども向けの本なら
読み比べてみよっかなー。
とか。


秋の夜長にね。。

ころ太。。。。

そんなこと、思ってる。
ふと童心に帰ってしまった
かあかだよ。


IMG_1117.jpg
                    走れころ太、ラッシー!


  旺文社ジュニア図書館
 「名犬ラッシー」昭和50年4月20日初版発行
  訳 白木  茂 
  定価  650円
  ←もち、当時のお値段。      

ラッシーみたいな毛並みのところも
大好きだったひとつかな。

もちろん、るるかも大好きサー。

IMG_0964.jpg
          学校のプリントの裏のるるかちゃん。
                    (さし絵  かあか。)

・・・・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

・・・・・・・。



ありがとうございます
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
<< 2014/09 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


Copyright © 2017 ころちゃん、そこで待っててね。. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。