ころちゃん、るるちゃんのおかげさん。

保護犬
06 /03 2014
最近、
るるかさんのおかげで
また、お外に(お散歩)に出かけることが
多くなった、かあかです。
IMG_0770.jpg
 梅雨入りですって?あたし、雨はにがて

が、
よく、声をかけられるのです。
しかも、
いままで、わんちゃんを
連れてらしても
会釈ぐらいだった方から。
「シェルちゃんは、どうされました?」
と。
やはり皆さん、私もそうですが、
興味はあるのですよね。
というか、
私の場合、
この方のトイプーは「ぷーちゃん」とか
ポメラニアンの「ぽんちゃん」とか
この方の柴ちゃんは、「しんくん」とか
勝手に名付け、
娘とかには、「今日のぽんちゃんは」
てなかんじで、家では、話が通じていたりしてたから。
まぁ、当然ちゃー当然です。
その都度、ころ太からるるかまでの
いきさつを語るのは、まだ、辛いことなんですが。
話すことで(涙こみ)
わりと、心の整理ができていくような気もしたりなんかして。
相手の方が聞いてこられるから、
答えて、、、涙が、ってなかんじで。
でも、さすがに、皆さん
今現在も家族なんですもの。
当然の気持ちだとおっしゃってくださいます。
ありがたいです。
そんな中、以前ころ太を連れていた頃、
私も、おんなじシェルちゃんだなーと、
遠くから気にしていた仔に出会いました。
やはり、同じ犬種だと仲間意識が
勝手にわいていて。
会えると
「今日、シェルちゃんに会えたよー。やっぱし、似るねー」
なんて、その頃、会話もないのに
名前は、勝手にそんまんま、シェルティーの
「シェルちゃん」と呼んでいましたが。
よく我が家の話題に上ったものでした。

その方はなんと、ころ太のことを
どなたからかきいて、知っていたいらしたようで、
こう、声をかけてくださいました。
「シェルちゃん、お辛かったですね。」と。
私は当然のごとく大量に涙があふれ、
「触れてもいいですか?」
と。
初めての会話にもかかわらず、
快く、そのふわふわな仔に触れさせていただき
ころ太の感触を思い出し懐かしさに浸らせていただきました。
(るるかは短毛なので、、、)
「辛いけど、泣かないで、ころ太くん、虹の世界で見てますよ」
って。
やさしい。
でも、ころ太もむこうからしてみれば、「シェルちゃん」だったんだなーなんて。思いながら。

その方のシェルちゃんは実名「レオン君」というかっこいい名前でした。

もちろん、話題は、るるかのことまで。
長い時間、立ち話できました。(レオン君ごめんね。)

みんな、こうして、
遠くからながらも
気づいておられるんだなー。

わんちゃん以外に
ちと、話題の乏しいかあかだけれど、

ころちゃん、るるちゃんに
支えてもらいながら
生きている、かあかなのであります。

ちと、大げさかな?

また、いろんなわんちゃんたちと
お話できるといいなー。
自分からよう言えんですが。。。すんません。

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ころ太のかあか

2010-2013
ころ太、虹の橋へ。

ころ太のかあか。
ころ太ロスに伴い、気力低下。
その他諸々、反省させていただきます。